上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
※以下は私個人の意見です。また、知識も不十分な人間が書いたものですので、
 稚拙且つ事実誤認の可能性があると思われます。ご了承ください。

ノーベル平和賞問題、今後の動向が非常に不透明です。
尖閣諸島問題は二国間の問題でしたが、今回は「欧米vs中国」。
国際社会への影響度は尖閣問題の比ではないでしょう。

現時点では、中国サイトから今年のノーベル平和賞のニュースを検索することはできません。
徹底した言論抑圧が行われています。
逆に、外向きには「内政干渉」と黙殺し、ノルウェーへの制裁を仄めかすなど、
徹底抗戦の構えを見せています。

■「劉暁波 ノーベル賞」で検索すると「法律、法規、政策に適合しないため表示できません」との表示。
 今回は「政策」に適合しないのでしょうか…。
検索不可。


つまり、中国指導部は、「外」は抑え切れるが、「内」は抑え切れないと認識していることになります。

「外」への自信は、「市場」。
改革開放後の経済発展により13億という豊富な人口を抱える中国の世界経済への影響度は、
他国がそれを敵に回したくないほどに大きくなっています。
そして、それを中国は理解し、利用しているわけです。
尖閣問題での先手先手の外交もこの自信に裏打ちされたものと言えるのではないでしょうか。
今回も、市場の優位性を嵩に懸かってヨーロッパの切り崩しを工作しているそうです。

しかし、「外」に対してこれほど自信を持ちつつ、
自分に都合の悪いことは「途上国」という口上で逃げ切ろうとしています。
環境問題への対応、人民元切り上げ、人権問題…。
この点が他国(特に欧米諸国)が中国へ不満を抱く原因となっており、
そして、ノーベル平和賞を利用してその不満を示したと言えるでしょう。

「内」への憂慮は、「不満」。
この13億という数字は、「市場」にあると「魅力」になりますが、「社会」にあると「混乱」を齎します。
「共産党」という強大な力で抑えつけていますが、13億が一枚岩になることは到底ありえず
民族問題や経済格差といった綻びが顕在化すると、一党体制崩壊、社会不安定化を招く恐れがあります。

確かに、これまでの中国経済の発展は「共産党」という何でもありな絶対的権力があってこそ
成功し得たものかもしれません。
日本では例えば「リニア新幹線は2027年の完成を目指す」などと悠長なことをやっていますが、
中国では小平の「改革開放は纏足女みたいのではだめだ。大胆にやれ。」
という言葉に端的に表れているように即断即決です。
(企業の意思決定にも似たような個所があります。)

しかし、権力の裏には腐敗があります。
言論は統制され、中央を批判するメディアは皆無ですが、この子供騙しがいつまで奏功するのでしょうか。
「愛国だが愛党ではない」という言葉を多くの中国人から聞きます。
情報のスピード、量が革命的に進化した今日、多くの中国人が共産党の限界に気づいているのです。
世界第二位の経済大国となったからには、量(スピード)だけではなく、質の発展も目指すべきときに
きているのでしょう。

※香港では、共産党批判もありです。ノーベル平和賞も普通に報道されています。
そのため、大陸から香港のサイトへはほとんどアクセスできません。
海外メディア以上に中国人への影響度が高いため、やはり統制しているのでしょう。

■香港での報道
香港での報道

「先富後富」。
小平の掲げた経済政策です。
「先富」は達成しました。では、「後富」はどう完成させるのか。
共産党の限界を知った「先富」の人々と、いつまでも富を手に入れられず苛立つ「後富」の人々。

内外の様々な矛盾の中で、中国という大国は大きな曲がり角にやってきたのかもしれません。
2010.10.09 Sat l 雑感 l コメント (7) トラックバック (0) l top
掲題の件が結構な騒ぎになっていますね。
私に関わりのある中国人は、気を遣ってかほとんどこの件に触れませんが、
チャットなどしてると話題になります。そんな時は、こう一言。

「摩擦がない方が不自然。」

個人的には言いたいことは山のようにありますが、それはそれとして。
中国にとっては、国内向けといういつもの思惑と、対"外"向けアピールというのもあるようです。
ここで言う"外"とは、香港、台湾。日本を「魚釣島」問題における共通の敵とし、反共感情を緩和する。
大国を纏めるためにあの手この手。苦労が絶えないようですが、日本を巻き添えにしないでいただきたい。

とまあ、久々にしては堅い話題でしたが、10月15日(金)~17日(日)に帰国します。
15朝羽田着、17夜成田発。2.5日滞在。目的は、免許更新。
お時間あれば、ぜひお会いしたいものですが、皆さんお忙しいでしょうか…。

近況を少しだけ。
近くのスーパーで長野産の巨峰を半額で入手。香港は日本のものも普通に手に入ります。

■巨峰。
信州巨峰

では。
2010.10.04 Mon l 報告 l コメント (6) トラックバック (0) l top
日本はゴールデンウィークですね。日本の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
こちらは週末しかお休みはないですが、GWのおかげで若干仕事にゆとりがあります。

だから…というわけでもないですが、
香港へ来て8カ月、週末は基本“ヒッキー”な生活を送っていたので、
そろそろその習慣を改めようかと、
先週のマカオ・香港観光に引き続き、5月1日も遠出してみました。
まあ、一人で、ですが…。

行先は、香港MTR(地下鉄)東涌線の終点、東涌駅。
そのB出口から「昂坪360」というロープウェー乗り場に乗り20分ほど行くと、
映画「インファナル・アフェア」にも登場した天壇大佛を拝むことができます。

ロープウェーは休日は朝9時から、平日は朝10時から運転。
私は土曜10時ちょっと前に行って、30分待ちでした。
(昼過ぎに戻った時は、列が3倍くらいに伸びていました!)

値段は、往復で107HKドル、
4台に1台ほど「水晶車」というゴンドラがあり、こちらは157HKドル。
違いは、足下も透明になっていることと、乗客が少ないこと。
込んでいたら、50HKドル多めに払うのもありかと。

■水晶車
水晶ケーブル

ロープウェーからの景色は、こんな感じ。
実は、香港国際空港のすぐそばなんです。飛行機が離陸していく様子も見えますよ!

■眼下に見下ろす景色
ロープウェー ロープウェー2
離陸1 離陸2 離陸3

で、ロープウェーを降りると、茶館やお土産物屋が軒を連ねる通りがあり、
その先に、目指す大仏さんが見えます。
1993年完成。「屋外の青銅製大仏」としては、世界最大だそうです。

■大仏さん
大仏さん 大仏さん2
大仏さん3

歴史的建造物でもなく、正直特別面白いものでもありませんが、
まあ、香港在住人にとっての日常からの逸脱、という意味ではちょうどいい感じです。

ロープウェーを下ったら、今度は東涌駅脇のアウトレットへ。
New BalanceとTimberlandの靴を買いました。

■靴。
くつ

天気もそこそこ良く、なかなかいい気分転換になりました。
2010.05.03 Mon l 旅行 l コメント (5) トラックバック (0) l top
4月23日昼、とある2人がベトナムの首都ハノイから香港へ降り立ちました。

■来訪者
新郎新婦

2月に入籍したばかりのO&M夫妻。
新郎新婦とも大学時代の友人です。

二人が入籍するまで、
新郎は、新婦より私の方が接点が多かった。
新婦も、新郎より私の方が接点が多かった。
そんな仲です。

そんな二人が、新郎の日本帰任前にハノイからは近場と言える香港へ
結婚報告を兼ね(ていたかどうかは分かりませんが)、遊びに来てくれたのでした。

23日は仕事だったので、24日、25日に一緒にいろいろ回りました。

24日は、マカオへ。

■食事して。
鶏!

マカオ料理を食べました。この写真の鶏、うまかった!

■「薄っぺらいの」を見て。
薄っぺらいの 美しい彫刻

マカオにある22の建築物が世界遺産に指定されています。
内、最も著名なものは写真の「サン・パウロ天主堂跡(大三巴牌坊)」。
日本人キリシタンが彫刻に関わっていることでも有名です。

ただし、「跡」という名の示す通り、前部分しか残っていません。
新婦さん名付けて「薄っぺらいの」。確かに、薄いです…。

■ぼろ儲けして!?
カジノをぶっ飛ばせ!

お茶を買ってから、マカオ最大の目玉、カジノへ!
マカオで一番“目障り”な外観を持つ「グランド・リスボア」で、
ルーレットしてきました。私だけ、ちょこっと勝ちました。

写真は、高台から見た「グランド・リスボア」!撃ち落としてしまえ!!!

そして、大揺れのフェリーで香港へ戻り、中華を食べて解散。

翌25日は、ショッピング!
香港イチの繁華街、香港島銅羅湾でブランドショップめぐり。
ハノイから“お上り”してきた新婦は「ウン万円」のバッグを新郎におねだりしてました…。

で、飲茶して、デザート食べて、市内の九龍ステーションへ。
香港の空港直通列車の各駅では飛行機離陸90分前までチェックインすることが可能!
チェックインの後、九龍ステーションのショッピングモールで最後のお買いものです。

※時間、航空会社等の要因によりチェックインできない場合もあります。(特にJ○L便。)
このブログの内容がもとで飛行機に乗り遅れた等の被害に遭っても責任は一切負いません!

そして、午後6時のフライトでハノイへ戻って行きました。

..........
2人それぞれと仲が良かったこともあってか、
この2人が夫婦になる、というイメージがどうしても湧かなかったのですが
まあ、二人そろって香港へ来たし、仲良さそうにしてるし、信じることにしました。

香港へ来てくれて、ありがとう!
イマイチな案内人で、ごめん!
そして、末永くお幸せに!
2010.05.02 Sun l 報告 l コメント (5) トラックバック (0) l top
上海万博PR曲盗作疑惑、続報(中国報道より一部抜粋)。

岡本真夜女士从没提到过上海世博会的宣传歌曲有抄袭等侵权事宜,只是公开表明:“能为世界瞩目的上海世博会做出贡献,感到十分高兴和光荣”的心情。之前虽然有上海世博会的专员迅速联系到冈本,并签署过与歌曲有关的使用授权。但是日方依然认为这的确是不同的两首歌曲,尤其在需要表达的内容上,用轻松愉快的旋律来表达迎接2010上海世博的感觉与冈本的歌曲是有巨大差异的。商讨时作为见证人的日本音乐界资深人士——五木宽之等作曲家的著名音乐事务所社长野口修先生还热情洋溢的称赞上海的巨变并祝福即将开幕上海世博。

岡本真夜氏は、上海万博のPR曲が盗作等の著作権侵害に当たるかどうかについては言明しておらず、「世界中が注目する上海万博へ貢献することができ、嬉しくまた光栄に思います。」という心情を表明しているのみである。その前に、上海万博の職員が岡本氏に迅速に連絡を取り、且つ楽曲使用許可につき署名をしたことは確かである。しかし、日本側は依然としてこの両曲は確かに異なる楽曲であると認識し、特に表現において、軽快で愉快な旋律を以て2010年の上海万博を迎えようとする感じは、岡本氏の楽曲とは大きな差異があるとしている。また、交渉に証人として同席した日本音楽界の重鎮--五木寛之等の作曲家を抱える大手音楽事務所社長、野口修氏は上海の大きな変化を称賛し、間もなく開幕する上海万博の成功を祈念する旨コメントしている。

中国では、先週の日曜日以来本件に関する報道が影を潜め、
岡本真夜さんが使用快諾した際も中国ではほとんど報道されませんでした。
おかしいと思っていたら、22日になって、この報道です。

感想。
野口修のコメントは、今回の件とは全く関係ない…。
てか、野口修って、誰?五木寛之って、作曲家なの???

※ちょっと調べたところ、野口修は五木ひろしの再デビューに手を差し伸べた人物。
 五木ひろしの「五木」は五木寛之から頂戴したものだそうです。
 また、五木寛之は確かに「作曲家」としての肩書も持ち合わせているそうです。
 が、五木寛之が野口修のプロダクション所属かどうかは確認できませんでした。
 まあ、たぶん違うと思いますが…。

そう言われれば、餃子問題への謝罪も、結局なかったですよね…。
2010.04.25 Sun l 雑感 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。