上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
5月1日から上海世博会(上海万博)が開催されます。
そのテーマソング《2010等你来》が1997年にヒットした岡本真夜さんの『そのままの君でいて』に瓜二つ、
というニュースをデイリースポーツが配信していました。
その記事は、中国のネット上での反応は下記のようであると報じています。

“ネット上には、実際に両曲を並べたサイトも登場。掲示板には「99%同じで間違いなく盗作だ」「これではメンツが台無し」といった非難のほか「中国では盗作は珍しいことではない」との書き込みも。”

ということで、私もちょっとネットを見てみました。

2曲を聴き比べると、出だし部分は全く違いますが、サビは全く同じ。
音楽に疎い私でもはっきり「パク○」だと分かります。
まあ、冷静に考えると、13年も前の岡本真夜の曲(しかもMV)を探してきて、
著作権無視してネットに上げてる奴がいる、ってのにも驚きですが。

これに対し、中国の掲示板上で圧倒的に多い意見は下記2点。

「聞いても同じだとは思えない。パク○じゃない!」
「さすがは小日本、13年も前にドラえもんのタイムマシーンを使って俺たちの曲を盗みに来ていたとは!恥を知れ!」

一つ目は、まあ音痴ということで片付けるとして、
二つ目の反応の多さに、良かれ悪しかれ、中国人らしさが表れているなあ、と思います。

過ちを認めようとしない。メンツが大事。愛国。

日本でも洋楽の「パク○」疑惑ってのがあったりする訳で、それ自体は仕方ないかな、と思います。
でも、ここまで酷似していて、しかもここまで大事になって、
さて“愛国イベント”たる上海万博の関係者および作曲者はどうメンツを保つのか。注目です。

ところで。
ちょっと調べてみると、ネット上ではこの他に、上海万博の「中国館」が
1995年竣工の「東京ビッグサイト」や安藤忠雄設計の1992年スペイン万博の「日本館」に似ているとの指摘もされているようです。

■上海万博中国館イメージ図(上海万博サイトより)
中国館イメージ1 中国館イメージ2

また、上海万博のマスコット「海宝」くんも、
アメリカで1960年代に流行したキャラクター「gumby」にそっくりとの疑惑が…。

■上海万博マスコット「海宝」(上海万博サイトより)
海宝

せっかくHKにいるのに、どうしても中国絡みの内容が多くなってしまうのは何故なんでしょうか…。
スポンサーサイト
2010.04.17 Sat l 報告 l コメント (7) トラックバック (0) l top

コメント

No title
ww 中国は相変わらずな感じですねw
2010.04.17 Sat l アーミー. URL l 編集
No title
2、3日前くらいから日本でもこのニュース
報道されてるよー昨日の夜もやってた。
中国の反応、面白いわ。
ドラえもんのタイムマシーンって(笑)
ドラえもんは日本のドラえもんの事だよね?


2010.04.18 Sun l かおりん. URL l 編集
コメント、ありがとう!
アーミー君。
確かに中国は相変わらずです。そっちはどう?

かおりん。
13年前の岡本真夜が、ドラえもんにタイムマシーンを借りて2010年へ来て上海万博のテーマ曲をパクった、って言ってるんだよ!
日本と言えば、ドラえもん。で、「中国側が悪い」って直接言えないから皮肉っぽくこういう書き込みしてるんだって。一種のギャグらしい。
2010.04.18 Sun l ろんろん. URL l 編集
No title
ニュースで見たけど、ジャッキー出演のPVまで作っちゃってるのね。すぐばれんのにね。お金かけすぎて、どうすんだろ。
2010.04.18 Sun l ぎゃなご. URL l 編集
No title
ありゃりゃ。こういうのはみんないつか来た道ですよねー。日本にだってついこの間までパチモンはそこかしこにあふれてましたからね。とはいえ、開き直り方は流石。ともあれ、最近は元気にやっているの?
2010.04.18 Sun l yofukami. URL l 編集
ここまで来ると
開き直りっていうか、逆切れというか・・・。
それにしても、このパク○をした人って、こんな大きなイベントなんだから、いずればれるとは思わなかったんだろうか・・・。
2010.04.18 Sun l ハト. URL l 編集
コメントありがとうございます!
ぎゃなごさん。
ジャッキーは、ねえ。まあ仕方ないですよ。また大陸に一言物申すかな???
作曲家はばれても「知らない。たまたま。」で押し通すつもりだったんだと思いますよ。
まあ、ここまで似てるとそうはいかないと思いますが。

yofukamiくん。
こっちは元気よ。そっちのblogも見てるよ!内容が難しいからコメは控えてるけどね。
で、これは確かに日本にとっても「いつか来た道」ってやつだよね。
これから発表されるはずの「言い訳」が楽しみです。

ハトさん。
当初からこの曲は従来この作曲家が作った曲とだいぶ作風が違う、と言われていたらしく、
最近ようやく「北京五輪の曲のパクリ」との疑惑が晴れたばかりだったようです。
まあ、いい曲書けなくて切羽詰まってたんだろうね。主催者側からのプレッシャーがあったんだろうなあ。
2010.04.19 Mon l ろんろん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryulong76.blog51.fc2.com/tb.php/6-9a6b257e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。