上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
※以下は私個人の意見です。また、知識も不十分な人間が書いたものですので、
 稚拙且つ事実誤認の可能性があると思われます。ご了承ください。

ノーベル平和賞問題、今後の動向が非常に不透明です。
尖閣諸島問題は二国間の問題でしたが、今回は「欧米vs中国」。
国際社会への影響度は尖閣問題の比ではないでしょう。

現時点では、中国サイトから今年のノーベル平和賞のニュースを検索することはできません。
徹底した言論抑圧が行われています。
逆に、外向きには「内政干渉」と黙殺し、ノルウェーへの制裁を仄めかすなど、
徹底抗戦の構えを見せています。

■「劉暁波 ノーベル賞」で検索すると「法律、法規、政策に適合しないため表示できません」との表示。
 今回は「政策」に適合しないのでしょうか…。
検索不可。


つまり、中国指導部は、「外」は抑え切れるが、「内」は抑え切れないと認識していることになります。

「外」への自信は、「市場」。
改革開放後の経済発展により13億という豊富な人口を抱える中国の世界経済への影響度は、
他国がそれを敵に回したくないほどに大きくなっています。
そして、それを中国は理解し、利用しているわけです。
尖閣問題での先手先手の外交もこの自信に裏打ちされたものと言えるのではないでしょうか。
今回も、市場の優位性を嵩に懸かってヨーロッパの切り崩しを工作しているそうです。

しかし、「外」に対してこれほど自信を持ちつつ、
自分に都合の悪いことは「途上国」という口上で逃げ切ろうとしています。
環境問題への対応、人民元切り上げ、人権問題…。
この点が他国(特に欧米諸国)が中国へ不満を抱く原因となっており、
そして、ノーベル平和賞を利用してその不満を示したと言えるでしょう。

「内」への憂慮は、「不満」。
この13億という数字は、「市場」にあると「魅力」になりますが、「社会」にあると「混乱」を齎します。
「共産党」という強大な力で抑えつけていますが、13億が一枚岩になることは到底ありえず
民族問題や経済格差といった綻びが顕在化すると、一党体制崩壊、社会不安定化を招く恐れがあります。

確かに、これまでの中国経済の発展は「共産党」という何でもありな絶対的権力があってこそ
成功し得たものかもしれません。
日本では例えば「リニア新幹線は2027年の完成を目指す」などと悠長なことをやっていますが、
中国では小平の「改革開放は纏足女みたいのではだめだ。大胆にやれ。」
という言葉に端的に表れているように即断即決です。
(企業の意思決定にも似たような個所があります。)

しかし、権力の裏には腐敗があります。
言論は統制され、中央を批判するメディアは皆無ですが、この子供騙しがいつまで奏功するのでしょうか。
「愛国だが愛党ではない」という言葉を多くの中国人から聞きます。
情報のスピード、量が革命的に進化した今日、多くの中国人が共産党の限界に気づいているのです。
世界第二位の経済大国となったからには、量(スピード)だけではなく、質の発展も目指すべきときに
きているのでしょう。

※香港では、共産党批判もありです。ノーベル平和賞も普通に報道されています。
そのため、大陸から香港のサイトへはほとんどアクセスできません。
海外メディア以上に中国人への影響度が高いため、やはり統制しているのでしょう。

■香港での報道
香港での報道

「先富後富」。
小平の掲げた経済政策です。
「先富」は達成しました。では、「後富」はどう完成させるのか。
共産党の限界を知った「先富」の人々と、いつまでも富を手に入れられず苛立つ「後富」の人々。

内外の様々な矛盾の中で、中国という大国は大きな曲がり角にやってきたのかもしれません。
スポンサーサイト
2010.10.09 Sat l 雑感 l コメント (7) トラックバック (0) l top
掲題の件が結構な騒ぎになっていますね。
私に関わりのある中国人は、気を遣ってかほとんどこの件に触れませんが、
チャットなどしてると話題になります。そんな時は、こう一言。

「摩擦がない方が不自然。」

個人的には言いたいことは山のようにありますが、それはそれとして。
中国にとっては、国内向けといういつもの思惑と、対"外"向けアピールというのもあるようです。
ここで言う"外"とは、香港、台湾。日本を「魚釣島」問題における共通の敵とし、反共感情を緩和する。
大国を纏めるためにあの手この手。苦労が絶えないようですが、日本を巻き添えにしないでいただきたい。

とまあ、久々にしては堅い話題でしたが、10月15日(金)~17日(日)に帰国します。
15朝羽田着、17夜成田発。2.5日滞在。目的は、免許更新。
お時間あれば、ぜひお会いしたいものですが、皆さんお忙しいでしょうか…。

近況を少しだけ。
近くのスーパーで長野産の巨峰を半額で入手。香港は日本のものも普通に手に入ります。

■巨峰。
信州巨峰

では。
2010.10.04 Mon l 報告 l コメント (6) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。