上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
久々です。
皆さんお元気ですか?わたしは元気ではないですが、生きてはいます。

今日は、今話題の韓流について。
薄っぺらの知識のつなぎ合わせで話すので誤認もあると思いますが、ご意見あればお寄せください。

韓国政府は、1997年の東アジア通貨危機以降、エンターテイメントの振興に力を入れてきました。

1997年(平成9年)のアジア通貨危機によって不景気となった韓国が、安値となった大韓民国ウォンと文化輸出国を目指す国策を背景に2000年前後から韓国ドラマが東アジアの国々で放送されるようになり、韓国の俳優や、韓国文化全般に対する人気が高まってブームが形成された。

韓国政府が韓国コンテンツ振興院(KOCCA)を設立して、国家戦略として映画・放送映像(韓流テレビドラマ)・K-POP・ゲーム・アニメ・マンファ・キャラクターなどの大衆文化の振興を図っている。大衆文化は韓国のブランド価値を高めて対外世論工作や様々な韓国製品の輸出の尖兵としての役割も果たすため、韓国政府が国策として民間企業のコンテンツの制作と輸出を強力に後援している。(以上、Wikipedia「韓流」より一部抜粋)

今、香港、中国でもドラマの半分、いやそれ以上を韓国のものが占めています。
私がすごいな、と思うのは、中国などは「韓国起源論」への嫌韓が主流であるにもかかわらず、
K-POPや映像コンテンツはその意識と関係なく根付いているところです。
エンターテイメントは政治を超越する、という感じです。

そしてさらに、エンターテイメントが経済を凌駕するところへ来ています。
今まで日本では「悪かろう、安かろう」だった韓国家電が日本市場の牙城を遂に崩し始めたのです。
東方神起のCMのヤツだから。KARAが使ってるから。
無論日本の不景気の影響で「ちょっと悪くても、安かろう」という製品を志向するようになった、
という点も否めないと思いますが、それ以上にエンターテイメントの力が強いと思うのです。

しかし、海外(特にアジア圏)で生活していればよく分かることですが、
日本以外の各国ではすでに以下のような状況が長らく続いているのです。

「SAMSUNGっていいよね。LGもそれなりかな。え、SONY?…って、何?」

先日訪れたインドでも、空港でまず目にする広告は、SAMSUNG。人々が使っている携帯も、テレビも、SUMSUNG。
Made in Japanは「良かろう、高かろう」であるがために日本と欧米のマーケットをターゲットにせざるを得ず[これは、私の見方。根拠はありません。]、
アジア市場では活路を見いだせていません。
アジア市場は日本のクオリティーは求めていません。韓国クオリティーで十分なのです。その分「安い」のですから。そして、これは欧米市場でも同様です。
日本の消費者は、それでは満足しません。家電に特化していえば、箱、説明書の外観、ソフト、アフターサービス…といったすべてのクオリティーをメーカーに求めるのです。
この、日本消費者の「完璧主義」「潔癖症」が日本メーカーの品質向上を支えてきたわけですが、
いわゆる「グローバル市場」ではこの市場の声のギャップが日本をして「ガラパゴス化」させてしまうひとつの原因になっているのではないか、と私は考えています。

さらに、よく言われることですが、SAMSUNGの急成長はマーケティング力にあると言われます。
エンターテイメントの輸出もマーケティング戦略の一環であるわけで、
その意味からするともしやエンターテイメント振興政策は裏でSAMSUNGが手を引いていたのでは、と疑ってしまいます。

しかし、もしこの疑いが真実だとすれば、SAMSUNGの先見の明に感服すると同時に、
国策に影響を及ぼせるだけの力があることにある種の違和感を感じます。
SAMSUNGが政治、つまり権力にさえ影響力があることを示しているからです。
現に裏金により2002年の大統領選挙の資金を供与した疑惑もあり、すでに韓国を牛耳る存在になっているといえます。


スポンサーサイト
2011.08.06 Sat l 雑感 l コメント (3) トラックバック (0) l top
今回の地震、香港でも大きく取り上げられています。
地下鉄(MTR)のテレビニュースでは、ずっと日本の地震のニュースばかりでした。
仙台空港が津波に呑まれていく映像には、言葉を失いました。

10回くらい電話して、やっと船橋の実家の両親と話ができました。
母は一人で家にいたようで、怖かったと繰り返し言っていました。
東京で働く姉は、一人は会社泊、一人は徒歩で帰宅しているとのこと。
3月中旬にしては冷え込んでいるようで、体調が気がかりです。

首都圏機能がこれだけ麻痺してしまう出来事は、私の知る限り初めてです。
被災地の、首都圏の、そして日本の早期復活を祈るばかりです。
2011.03.11 Fri l 雑感 l コメント (6) トラックバック (0) l top
※以下は私個人の意見です。また、知識も不十分な人間が書いたものですので、
 稚拙且つ事実誤認の可能性があると思われます。ご了承ください。

ノーベル平和賞問題、今後の動向が非常に不透明です。
尖閣諸島問題は二国間の問題でしたが、今回は「欧米vs中国」。
国際社会への影響度は尖閣問題の比ではないでしょう。

現時点では、中国サイトから今年のノーベル平和賞のニュースを検索することはできません。
徹底した言論抑圧が行われています。
逆に、外向きには「内政干渉」と黙殺し、ノルウェーへの制裁を仄めかすなど、
徹底抗戦の構えを見せています。

■「劉暁波 ノーベル賞」で検索すると「法律、法規、政策に適合しないため表示できません」との表示。
 今回は「政策」に適合しないのでしょうか…。
検索不可。


つまり、中国指導部は、「外」は抑え切れるが、「内」は抑え切れないと認識していることになります。

「外」への自信は、「市場」。
改革開放後の経済発展により13億という豊富な人口を抱える中国の世界経済への影響度は、
他国がそれを敵に回したくないほどに大きくなっています。
そして、それを中国は理解し、利用しているわけです。
尖閣問題での先手先手の外交もこの自信に裏打ちされたものと言えるのではないでしょうか。
今回も、市場の優位性を嵩に懸かってヨーロッパの切り崩しを工作しているそうです。

しかし、「外」に対してこれほど自信を持ちつつ、
自分に都合の悪いことは「途上国」という口上で逃げ切ろうとしています。
環境問題への対応、人民元切り上げ、人権問題…。
この点が他国(特に欧米諸国)が中国へ不満を抱く原因となっており、
そして、ノーベル平和賞を利用してその不満を示したと言えるでしょう。

「内」への憂慮は、「不満」。
この13億という数字は、「市場」にあると「魅力」になりますが、「社会」にあると「混乱」を齎します。
「共産党」という強大な力で抑えつけていますが、13億が一枚岩になることは到底ありえず
民族問題や経済格差といった綻びが顕在化すると、一党体制崩壊、社会不安定化を招く恐れがあります。

確かに、これまでの中国経済の発展は「共産党」という何でもありな絶対的権力があってこそ
成功し得たものかもしれません。
日本では例えば「リニア新幹線は2027年の完成を目指す」などと悠長なことをやっていますが、
中国では小平の「改革開放は纏足女みたいのではだめだ。大胆にやれ。」
という言葉に端的に表れているように即断即決です。
(企業の意思決定にも似たような個所があります。)

しかし、権力の裏には腐敗があります。
言論は統制され、中央を批判するメディアは皆無ですが、この子供騙しがいつまで奏功するのでしょうか。
「愛国だが愛党ではない」という言葉を多くの中国人から聞きます。
情報のスピード、量が革命的に進化した今日、多くの中国人が共産党の限界に気づいているのです。
世界第二位の経済大国となったからには、量(スピード)だけではなく、質の発展も目指すべきときに
きているのでしょう。

※香港では、共産党批判もありです。ノーベル平和賞も普通に報道されています。
そのため、大陸から香港のサイトへはほとんどアクセスできません。
海外メディア以上に中国人への影響度が高いため、やはり統制しているのでしょう。

■香港での報道
香港での報道

「先富後富」。
小平の掲げた経済政策です。
「先富」は達成しました。では、「後富」はどう完成させるのか。
共産党の限界を知った「先富」の人々と、いつまでも富を手に入れられず苛立つ「後富」の人々。

内外の様々な矛盾の中で、中国という大国は大きな曲がり角にやってきたのかもしれません。
2010.10.09 Sat l 雑感 l コメント (7) トラックバック (0) l top
上海万博PR曲盗作疑惑、続報(中国報道より一部抜粋)。

岡本真夜女士从没提到过上海世博会的宣传歌曲有抄袭等侵权事宜,只是公开表明:“能为世界瞩目的上海世博会做出贡献,感到十分高兴和光荣”的心情。之前虽然有上海世博会的专员迅速联系到冈本,并签署过与歌曲有关的使用授权。但是日方依然认为这的确是不同的两首歌曲,尤其在需要表达的内容上,用轻松愉快的旋律来表达迎接2010上海世博的感觉与冈本的歌曲是有巨大差异的。商讨时作为见证人的日本音乐界资深人士——五木宽之等作曲家的著名音乐事务所社长野口修先生还热情洋溢的称赞上海的巨变并祝福即将开幕上海世博。

岡本真夜氏は、上海万博のPR曲が盗作等の著作権侵害に当たるかどうかについては言明しておらず、「世界中が注目する上海万博へ貢献することができ、嬉しくまた光栄に思います。」という心情を表明しているのみである。その前に、上海万博の職員が岡本氏に迅速に連絡を取り、且つ楽曲使用許可につき署名をしたことは確かである。しかし、日本側は依然としてこの両曲は確かに異なる楽曲であると認識し、特に表現において、軽快で愉快な旋律を以て2010年の上海万博を迎えようとする感じは、岡本氏の楽曲とは大きな差異があるとしている。また、交渉に証人として同席した日本音楽界の重鎮--五木寛之等の作曲家を抱える大手音楽事務所社長、野口修氏は上海の大きな変化を称賛し、間もなく開幕する上海万博の成功を祈念する旨コメントしている。

中国では、先週の日曜日以来本件に関する報道が影を潜め、
岡本真夜さんが使用快諾した際も中国ではほとんど報道されませんでした。
おかしいと思っていたら、22日になって、この報道です。

感想。
野口修のコメントは、今回の件とは全く関係ない…。
てか、野口修って、誰?五木寛之って、作曲家なの???

※ちょっと調べたところ、野口修は五木ひろしの再デビューに手を差し伸べた人物。
 五木ひろしの「五木」は五木寛之から頂戴したものだそうです。
 また、五木寛之は確かに「作曲家」としての肩書も持ち合わせているそうです。
 が、五木寛之が野口修のプロダクション所属かどうかは確認できませんでした。
 まあ、たぶん違うと思いますが…。

そう言われれば、餃子問題への謝罪も、結局なかったですよね…。
2010.04.25 Sun l 雑感 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。