上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
※今回の記事は、中国ドラマ《奋斗》についての感想です。
 自分の備忘録として記載します。
 見たことない人には意味がわからないでしょうし、ネタばればかりです。
 見たことのある人、これから見ようという人はまずいないと思いますが、念のため。


ここのところ、週末になる毎にDVDを見ています。
和物では『ゲゲゲの女房』、中物では《婚姻保卫战》、《奋斗》を見ました。

今週見たのは《奋斗》。3年前のドラマです。
1話40数分x32話=20時間以上の大作を、金曜夜から、日曜夜までの時間で見事看破。
直近で見た《婚姻保卫战》と同じ赵宝刚の監督作品ということで手を出してみました。
人気作だけあり、見ごたえがありました。

感想。

男女がくっついたり離れたりするのは、正直興味がないですが、
米莱の髪形が途中で変わって、おでこのところで直線に髪の毛切り揃えてるのがどうも…。

佟大为(陆涛)と马伊琍(夏琳)は、続編《婚姻保卫战》でも夫婦で登場するのですが、
《奋斗》での関係の方が健全です。

猪头は、友情を大事にするといいながら、親友の华子のフィアンセを奪い結婚します。
华子が許してくれるまで帰らないと1週間もアパートに押し掛けたり、
华子が結婚式に来なければ結婚はなかったことにする、と宣言するなど、
中国人にはこういう「重义气」な男がもてるのでしょうが、
結婚を決めてから初めて华子に打ち明ける、というやり方は「重义气」なのでしょうか?

华子の相手役、露露は、まあ、猪头を選ぶそれなりの理由がある、とは思います。
しかし、そうは言っても恋愛は双方に責任のあるもので、
一方的に华子を悪者にする「いいわけ」には正直見苦しさを感じます。

华子は、31話まではこのドラマで最も恵まれない男です。
こいつこそ、いちばん「重义气」な奴だと思うのですが。
日本では、こいつの受けがいちばんいいのでは、と思います。

ところで、露露の弟は最後で耳が聞こえるようになるわけですが、
でも、中国語を聞いて理解できるのでしょうか…。ちょっとした疑問でした。

杨晓芸と向南は、いちばんお似合いだと思います。
向南は瑶瑶を選んだ時、杨晓芸が自分をおもちゃにしたとか、
もうお前なんか愛してないとか散々悪態をつきますが、
いやいや、お前だって子供ができたと知った時には責任放棄したじゃん、と突っ込みたい。
瑶瑶こそが本気で自分を思ってくれる、なんて偉そうに言ってるけど、
結局は実生活が始まる前の恋愛段階のことで、
結婚生活が始まってその感情が変わらないとは限らない、と突っ込みたい。

陆亚迅、徐志森とも最終回で「昇格」するわけですが、
これは納得のいく内容でした。
私は自分は「陆亚迅」的な人間でありたい、と願っています。

さて、私の“奋斗目标”ってなんだろう…。

タイトルの意味。
向南を演じた俳優(文章)が、《蜗居》の小贝だったとは…。
しかも、現実世界では马伊琍の旦那だったとは…。

■俳優・文章
XiangNanXiaoBei
スポンサーサイト
2010.12.12 Sun l 生活 l コメント (2) トラックバック (0) l top
またしても大陸ネタですが、今昨年流行した《蜗居》(『カタツムリの家』)というドラマを見ています。

高度経済成長期でイケイケの中国ですが、富を握っているのはほんの一握りで、
“房努”(住居の奴隷)となった老百姓(一般市民)は
裕福とはとても呼べない苦しい生活を送っています。
その辺の様子を描いた、社会派ドラマです。
まあ、どの国も事情は似たり寄ったりですよね。

その第8話。
自転車を盗まれて帰ってきた妻が腹立ち紛れに、タバコを吸う夫に八つ当たり。
奥さんのセリフは本当に強烈で、見てて凹みました…。

还爱好?这世界这么多爱好,你怎么不爱好挣钱啊?你怎么不爱好做生意?你怎么不爱好升官发财呢?!毕业到现在,连个科长都当不上,还...还好意思?我不升?我不升我没话说。我生孩子去了。你干吗去了?你也生孩子去啦?!

 (タバコが)趣味?世の中にはいろんな趣味があるっていうのに、どうして金儲けを趣味にしないの?どうして商売を趣味にしないの?どうして昇進昇級を趣味にしないわけ?卒業してからこれまで、課長にすらなれないで、よく、よくまあ恥ずかしくないわね!私も昇進してないって?そうよ。だって私、子供産んだもの。あんたは(この家のために)何したっていうの?あんたも子供でも産もうっていうの?

■違うシーンですが、夫婦の画像(《蜗居》オフィシャルサイトより)
电视剧《蜗居》剧照

このドラマ、女性陣が咆哮するシーンが結構出てきます。
悪女を描いたドラマでも、誇張した表現を用いたドラマでもないだけに、
この「咆哮」が中国人女性の本質を射抜いているように感じられます。(しかも、作者は女性。)
ネチネチ、ではなく、ナヨナヨ、でもなく、ヒステリック。

嫁さん選びは慎重に…!?
2010.04.18 Sun l 生活 l コメント (2) トラックバック (0) l top
前回の記事では「6度しかない」とお伝えしましたが、
ここ数日は一転、どんどん気温が上がり、
2月末なのに「26度」+「湿度85%」という過酷さです…。

さて。
2010年2月28日は、旧暦正月(1月)15日。中華圏では「元宵節」という祝日です。

その起源には二つの説があるそうです。
1.昔僧がこの日に火を灯して、仏舎利を拝んだ、という仏教上の言い伝え。
2.昔農民がこの日に田畑で火を灯して虫や獣を追い払い、豊作を祈願したという言い伝え。

この「火を灯す」という習俗に因み、中国各地で「花灯」というイベントが行われます。
香港でも、この金土日で花灯が催されています。

私も金曜日に行ってきました。

■新界東元宵彩灯会
花灯 なぞなぞ

まあ、左の写真のような張りぼてに明かりを灯したようなオブジェを見て、
ミニコンサートや雑技といったイベントを楽しむ、というお祭です。
この右の写真は、元宵節のメインイベントの一つ、「猜灯谜」。
いちばん左で頭を下げて何かを書いているのは、西安交大時代の教え子。
実は今回は彼女のお誘いでイベントへとやって来たのでした。

で、この「猜灯谜」、要はなぞなぞです。
お題が出るので、答えが分かった人は手を挙げて舞台に上がり、写真のように答えを書く。
で、一番早かった正解者はちょっといい賞品、それ以外の正解者は参加賞がもらえるのです。
例えば、こんな感じ。今回出されたお題です。中国語のできる方は、ぜひトライを!

拳法 猜医学词 (拳法。ヒント:医学に関する言葉。)
日记 猜学科  (日記。ヒント:教科に関する言葉。)
悄悄话 猜文学词 (ひそひそ話。ヒント:文学に関する言葉。)
封面 猜一个字 (本の表紙。ヒント:漢字一字。)
几 猜成语  (几。ヒント:故事成語。)

一番上が一番簡単で、徐々に難しくなる…と思います。
一番上と四番目は、中国語のできない人でも、もしかしたら分かるかも。

ところで、香港ですから司会進行はもちろん広東語で行われます。
僕の教え子とその友達は広東語がほとんどできませんが、
それでも果敢に手を挙げて舞台に上がっていきます。
携帯からWeb検索したりして、「さすがにそれは反則だろ…」と思いましたが、
賞品を分けてくれたので、それも御愛嬌ということで、許すことにしました。

■賞品
賞品

ご存知の方も多いと思いますが、香港では「出前一丁」大人気です!
2010.02.27 Sat l 生活 l コメント (8) トラックバック (0) l top
どうも。ご無沙汰です。

香港へ来たので、ブログも一新することにしました。
あらためて、よろしくお願いいたします。

旅行行ったり、中国を肌で感じたりということはほとんどないので、
従来の「出来事」中心から、「きもち」中心の内容になると思います。
つまり、より自己満足の意味合いが強まると思いますので、
読んでくださる方は香港現地採用人の戯言と思って受け流してくださいね。

さて。
新記事の一発目は、タイトルの通り。
香港では正直会社関係者以外の友人は皆無。
週末は、部屋に閉じこもって深セン(中国大陸)出張の時に買ったDVDを見て過ごす、
という健康面からも精神面からも超不安定な生活を送っています。

そんな中。
過日、上司に誘われるまま香港に上陸した映画を観てきました。
その映画は、

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」。

感想。
面白い!

ということで、DVD、買いました。
そして、エヴァンゲリオンといえば、どうしても思い起こされるのが

「機動戦士ガンダム」。

ということで、こちらも、DVD、買いました。
エヴァンゲリオンより前にこちらを見始め、先ほど見終えました。

感想。
面白い!

で、年老いてから改めて観て強く意識させられたのは、
「学徒出陣」「ヒトラー」という2つのキーワード。
ジオンは「枢軸国」で、地球連合軍は「連合国」なんでしょうか。
当時は「戦争」というとまだ「第二次世界大戦」だったんでしょうね。
この世界観と時代背景に思い至りました。
エヴァンゲリオンは、どんな世界観なのか。楽しみです。観たら感想書きます。

でも、ガンダムで何より素敵だと思うのは、女性陣の話し方。
名言集のサイトから台詞を拾いましたが、
「よろし?」「お嫌?」「あなた、守ってくださいましね。」「悲しいことじゃなくて?」
アニメだから違和感なく取り入れられる、日本語の美しさ。

最後に。
ニコニコ動画から、風刺のきいた動画を一本転載します。
知らない人にはわかりづらいかもしれません。すみません。
2009.12.26 Sat l 生活 l コメント (13) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。