上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
※今回の記事は、中国ドラマ《奋斗》についての感想です。
 自分の備忘録として記載します。
 見たことない人には意味がわからないでしょうし、ネタばればかりです。
 見たことのある人、これから見ようという人はまずいないと思いますが、念のため。


ここのところ、週末になる毎にDVDを見ています。
和物では『ゲゲゲの女房』、中物では《婚姻保卫战》、《奋斗》を見ました。

今週見たのは《奋斗》。3年前のドラマです。
1話40数分x32話=20時間以上の大作を、金曜夜から、日曜夜までの時間で見事看破。
直近で見た《婚姻保卫战》と同じ赵宝刚の監督作品ということで手を出してみました。
人気作だけあり、見ごたえがありました。

感想。

男女がくっついたり離れたりするのは、正直興味がないですが、
米莱の髪形が途中で変わって、おでこのところで直線に髪の毛切り揃えてるのがどうも…。

佟大为(陆涛)と马伊琍(夏琳)は、続編《婚姻保卫战》でも夫婦で登場するのですが、
《奋斗》での関係の方が健全です。

猪头は、友情を大事にするといいながら、親友の华子のフィアンセを奪い結婚します。
华子が許してくれるまで帰らないと1週間もアパートに押し掛けたり、
华子が結婚式に来なければ結婚はなかったことにする、と宣言するなど、
中国人にはこういう「重义气」な男がもてるのでしょうが、
結婚を決めてから初めて华子に打ち明ける、というやり方は「重义气」なのでしょうか?

华子の相手役、露露は、まあ、猪头を選ぶそれなりの理由がある、とは思います。
しかし、そうは言っても恋愛は双方に責任のあるもので、
一方的に华子を悪者にする「いいわけ」には正直見苦しさを感じます。

华子は、31話まではこのドラマで最も恵まれない男です。
こいつこそ、いちばん「重义气」な奴だと思うのですが。
日本では、こいつの受けがいちばんいいのでは、と思います。

ところで、露露の弟は最後で耳が聞こえるようになるわけですが、
でも、中国語を聞いて理解できるのでしょうか…。ちょっとした疑問でした。

杨晓芸と向南は、いちばんお似合いだと思います。
向南は瑶瑶を選んだ時、杨晓芸が自分をおもちゃにしたとか、
もうお前なんか愛してないとか散々悪態をつきますが、
いやいや、お前だって子供ができたと知った時には責任放棄したじゃん、と突っ込みたい。
瑶瑶こそが本気で自分を思ってくれる、なんて偉そうに言ってるけど、
結局は実生活が始まる前の恋愛段階のことで、
結婚生活が始まってその感情が変わらないとは限らない、と突っ込みたい。

陆亚迅、徐志森とも最終回で「昇格」するわけですが、
これは納得のいく内容でした。
私は自分は「陆亚迅」的な人間でありたい、と願っています。

さて、私の“奋斗目标”ってなんだろう…。

タイトルの意味。
向南を演じた俳優(文章)が、《蜗居》の小贝だったとは…。
しかも、現実世界では马伊琍の旦那だったとは…。

■俳優・文章
XiangNanXiaoBei
スポンサーサイト
2010.12.12 Sun l 生活 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
SFで初めて中国人の友達ができたよー!
すごくいい子だった。
中国ドラマも韓国ドラマに負けないくらい
長いねー!突っ込みどころ満載で面白そう^^

ゲゲゲの女房は後半部分を見て、向井君の
ファンになっちゃった(笑)
2010.12.16 Thu l かおりん☆. URL l 編集
コメントありがとう!
かおりん。
こんなマイナーな記事にコメントありがとう!
向井くんは大人気らしいね。どんどんファンになってあげてください。
5月の再会、楽しみにしてます!!!
2011.02.13 Sun l りゅー. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://ryulong76.blog51.fc2.com/tb.php/15-ee634b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。