上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
久々です。
皆さんお元気ですか?わたしは元気ではないですが、生きてはいます。

今日は、今話題の韓流について。
薄っぺらの知識のつなぎ合わせで話すので誤認もあると思いますが、ご意見あればお寄せください。

韓国政府は、1997年の東アジア通貨危機以降、エンターテイメントの振興に力を入れてきました。

1997年(平成9年)のアジア通貨危機によって不景気となった韓国が、安値となった大韓民国ウォンと文化輸出国を目指す国策を背景に2000年前後から韓国ドラマが東アジアの国々で放送されるようになり、韓国の俳優や、韓国文化全般に対する人気が高まってブームが形成された。

韓国政府が韓国コンテンツ振興院(KOCCA)を設立して、国家戦略として映画・放送映像(韓流テレビドラマ)・K-POP・ゲーム・アニメ・マンファ・キャラクターなどの大衆文化の振興を図っている。大衆文化は韓国のブランド価値を高めて対外世論工作や様々な韓国製品の輸出の尖兵としての役割も果たすため、韓国政府が国策として民間企業のコンテンツの制作と輸出を強力に後援している。(以上、Wikipedia「韓流」より一部抜粋)

今、香港、中国でもドラマの半分、いやそれ以上を韓国のものが占めています。
私がすごいな、と思うのは、中国などは「韓国起源論」への嫌韓が主流であるにもかかわらず、
K-POPや映像コンテンツはその意識と関係なく根付いているところです。
エンターテイメントは政治を超越する、という感じです。

そしてさらに、エンターテイメントが経済を凌駕するところへ来ています。
今まで日本では「悪かろう、安かろう」だった韓国家電が日本市場の牙城を遂に崩し始めたのです。
東方神起のCMのヤツだから。KARAが使ってるから。
無論日本の不景気の影響で「ちょっと悪くても、安かろう」という製品を志向するようになった、
という点も否めないと思いますが、それ以上にエンターテイメントの力が強いと思うのです。

しかし、海外(特にアジア圏)で生活していればよく分かることですが、
日本以外の各国ではすでに以下のような状況が長らく続いているのです。

「SAMSUNGっていいよね。LGもそれなりかな。え、SONY?…って、何?」

先日訪れたインドでも、空港でまず目にする広告は、SAMSUNG。人々が使っている携帯も、テレビも、SUMSUNG。
Made in Japanは「良かろう、高かろう」であるがために日本と欧米のマーケットをターゲットにせざるを得ず[これは、私の見方。根拠はありません。]、
アジア市場では活路を見いだせていません。
アジア市場は日本のクオリティーは求めていません。韓国クオリティーで十分なのです。その分「安い」のですから。そして、これは欧米市場でも同様です。
日本の消費者は、それでは満足しません。家電に特化していえば、箱、説明書の外観、ソフト、アフターサービス…といったすべてのクオリティーをメーカーに求めるのです。
この、日本消費者の「完璧主義」「潔癖症」が日本メーカーの品質向上を支えてきたわけですが、
いわゆる「グローバル市場」ではこの市場の声のギャップが日本をして「ガラパゴス化」させてしまうひとつの原因になっているのではないか、と私は考えています。

さらに、よく言われることですが、SAMSUNGの急成長はマーケティング力にあると言われます。
エンターテイメントの輸出もマーケティング戦略の一環であるわけで、
その意味からするともしやエンターテイメント振興政策は裏でSAMSUNGが手を引いていたのでは、と疑ってしまいます。

しかし、もしこの疑いが真実だとすれば、SAMSUNGの先見の明に感服すると同時に、
国策に影響を及ぼせるだけの力があることにある種の違和感を感じます。
SAMSUNGが政治、つまり権力にさえ影響力があることを示しているからです。
現に裏金により2002年の大統領選挙の資金を供与した疑惑もあり、すでに韓国を牛耳る存在になっているといえます。


スポンサーサイト
2011.08.06 Sat l 雑感 l コメント (3) トラックバック (0) l top
今回の地震、香港でも大きく取り上げられています。
地下鉄(MTR)のテレビニュースでは、ずっと日本の地震のニュースばかりでした。
仙台空港が津波に呑まれていく映像には、言葉を失いました。

10回くらい電話して、やっと船橋の実家の両親と話ができました。
母は一人で家にいたようで、怖かったと繰り返し言っていました。
東京で働く姉は、一人は会社泊、一人は徒歩で帰宅しているとのこと。
3月中旬にしては冷え込んでいるようで、体調が気がかりです。

首都圏機能がこれだけ麻痺してしまう出来事は、私の知る限り初めてです。
被災地の、首都圏の、そして日本の早期復活を祈るばかりです。
2011.03.11 Fri l 雑感 l コメント (6) トラックバック (0) l top
ムンバイ旅行記第2回の今回は、今回の旅行で出くわしたトラブルの数々。

(1)ビザ。
ムンバイへ行くことを思い立って勢いでチケットを取ったが、
よく調べるとビザの取得が必要でした。
香港では領事館ではなく“チムサッチョイ・イースト”にビザセンターがあり、そこで取得します。

ネットで見ると、HKIDがあれば朝申請し当日の夕方取得可能とのことでしたが、
「1回目の渡印だから時間がかかる」と言われ、当日には取得できず。
紆余曲折経て、結局出発前日にやっと手に入れました。

■インドビザ
インドビザ


(2)Kingfisher Airline
インドのビール会社が経営する航空会社です。
香港は市内の駅(香港駅、九龍駅)から飛行機のチェックインをすることができるのですが、
チェックインに時間のかかること…。

■機内食。ビールはもちろん、Kingfisher。
Kingfisher

(3)英語
噂には聞いていましたが、やはり聞き取りづらい。
飛行機のアナウンスで既にアウト。スッチーの言葉も分からず。

後は、インド人は老若男女問わず英語ができると思っていましたが、
できない人も多く、タクシーでは説明に苦労しました。

◆インド英語の特徴。Wikipediaより。
-イギリス英語を基調としているものの、Rを強く発音するため、母音が後続しないRも日本人の耳には「ル」のように聞こえる(park → パルク)。
-現代の英米では発音されない音も含めて、綴り字通りに読む(Wednesday → ウェドネスデイ)。
-本来二重母音・三重母音として発音されていたものが母音連続になることを避けるため、間にYやWを挿入することがある(India インディア → Indiya インディヤ など。
-ヒンディーなどインドの諸言語からの借用語を多く使い、また英語本来の単語でも、イギリス古典文学に登場するような古めかしいものを用いる場合がある。
※ちなみに、「アメリカ英語の次に話す人口が多い」そうです。

というか、まず自分の英語力を伸ばさなくては、ということなんですけどね…。

(4)イミグレ
その前にちょっとしたエピソード。
ホテルは安宿を予約しておいたのですが、「予約票」のプリントアウトをずっと忘れていました。
そのため、その予約票データをUSBメモリに入れて空港で出力しようと思っていたのですが、
空港では出力できる所を見つけられず。
そのまま飛行機に乗り込んでしまいました。

さて。
入国時にArrival Cardへの記載が必要ですが、
上記理由で「ホテル名」を空欄にしたままイミグレに出してしまいました。

"You wait there."

イミグレの職員のそっけない一言。待っていても一向に構ってくれなそうなので、
その職員に向かって何度も「構ってくれるよう」アピール。
すると、別の職員に個室に連れて行かれました。

"I really reserved the room! The data is in this USB memory! If you have laptop, I can show you the hotel's name! Please!"

個室ではこうまくし立てましたが、相手はどこ吹く風。畜生、インド人め!!!
さすがにヤバいかも、と思ったそんな時、後ろから女神の声が。

"I have a laptop!"

どうやら私と同じようにイミグレで尋問されていたと思しき欧米の女性でした。
彼女はiBookを取り出し、私のUSBメモリに入ったファイルを開いてくれました。
谢天谢地!Thank you very much!!!

こうして、無事入国できましたとさ。

■宿泊した安宿"New Bengal Hotel"
New Bengal Hotel 外観 New Bengal Hotel 室内

インド行かれる人は、例え現地でホテルを押さえるとしても、必ずホテル名は記載してくださいね。

(5)物乞い
空港から"Prepaid Taxi"に乗り、市内へ。
空港から出るところでタクシーが止まったのですが、そこで女の子の物乞い。
窓を開けていたら、優しく手を握ってお金を求めてきました…。

(6)ほこり
すごいほこりです。

(7)交通
ルールなどありません。

(8)ぼったくり
タクシー。十分気をつけていたのですが、やられました。
コイツ、発車時にメーターを「0」にしてませんでした。
で、どうやら相当遠回りしてくれました。
ムンバイ3日目で、だいぶ土地勘もできていたので、おかしいと途中で気付いたのですが、
その時にはだいぶ走っていたようです。

赤信号で車が止まった時、聞いてやりました。

"Where are you going???"
"Mahalaxmi!"(目的地)
"No! You cheated me!!!"

ということで、20ルピーだけ払って車から降りてやりました。
すると、運転手の野郎、降りてきていけしゃあしゃあとこう言いました。

"You only paid 20 rupees! Meter shows 50 rupees!!!"

畜生め、メーター回しっぱなしにしてたくせに、とは思いましたが、
面倒なので残りの30ルピーは地面に投げ捨ててやりました。
野郎、拾ってましたわ。

■畜生運転手の後ろ姿
畜生運転手

いろいろありましたが、それを含め楽しかったです。
2011.02.14 Mon l 旅行 l コメント (2) トラックバック (0) l top
インド最大の都市、ムンバイへ行った。
3日間しか滞在していないため、この体験を以ってムンバイについて、ましてやインドについて云々する資格は到底持ち得ない。
しかし、この沸き興る感情を誰かに伝えずにはいられないような、そんな強烈な印象が残った。

何がそんなに凄かったのかというと、Railwayである。

まず、扉が閉まらない。
タイでも列車の扉は閉まらなかったが、あれは長距離電車。
日本で言うところの地下鉄のような規模の列車で、扉が閉まらないのである。

列車が駅に入ると、まだ動いているうちからホームに飛び降りる者がいる。
また、まだ止まりきらないうちから列車に飛び込む者がいる。
通過待ちか何かで列車が止まろうものなら、駅へ着くのを待たずに線路に飛び降り線路上を歩き出す者さえいる。
映画などで走って列車に飛び乗るシーンを見たことがあるが、あんな光景が至るドアで繰り広げられている。
特に、終点から折り返しで始発になる列車では、少しでも早く乗りこんで座席を確保しようと目論む男たちが、
それこそ燕が巣に餌を運ぶような、凄まじい勢いで次々と飛び込んでくる。

■動く列車、閉まらぬ扉
動いてる

次に、乗車券の確認がない。
無論、チケットは売っている。列車に乗る人は基本的にそれを買うか、シーズンチケットを買っているはずである。
しかし、改札口がない。
だから、チケットを購入せずに列車に乗って、降りる---つまり無賃乗車することが可能なのである。

■ムンバイCST駅(説明は以下)のホーム。改札がない。
ムンバイCST駅_ホーム

そして、犬が多い。
インドで牛が多い、というのは聞いたことがあるが、なぜか駅はもちろん街中に犬がゴロゴロしている。
吠えている犬は1匹も見かけなかったというくらい、やる気のない犬ばかりなのだが、
犬嫌い(の私)には、少々堪える街である。

■犬?(ちなみに、写真とは関係ないが、街にはカラスも異様に多い。)
犬

そんなRailwayで最大の乗降客数を誇るムンバイCST駅は、
2008年のムンバイ同時多発テロでも標的となったインド最大の駅である。
その駅舎が世界遺産に登録されている、ということにもまた驚かされた。

以下、Wikipediaより抜粋した。(文章の順序に若干の変更がある。)

1888年に建造された駅舎はヴェネツィアゴシック建築様式で、壮麗で豪奢な建築物である。特徴として、ヴィクトリア朝のゴシック・リヴァイヴァル建築とインドの伝統的建築の融合が見られる。歴史的な建築として、2004年にユネスコ世界遺産に登録された。

■ムンバイCST駅の駅舎
ムンバイCST駅_駅舎

インドをもっと知りたい。そう思わされた3日間だった。
2011.02.13 Sun l 旅行 l コメント (1) トラックバック (0) l top
※今回の記事は、中国ドラマ《奋斗》についての感想です。
 自分の備忘録として記載します。
 見たことない人には意味がわからないでしょうし、ネタばればかりです。
 見たことのある人、これから見ようという人はまずいないと思いますが、念のため。


ここのところ、週末になる毎にDVDを見ています。
和物では『ゲゲゲの女房』、中物では《婚姻保卫战》、《奋斗》を見ました。

今週見たのは《奋斗》。3年前のドラマです。
1話40数分x32話=20時間以上の大作を、金曜夜から、日曜夜までの時間で見事看破。
直近で見た《婚姻保卫战》と同じ赵宝刚の監督作品ということで手を出してみました。
人気作だけあり、見ごたえがありました。

感想。

男女がくっついたり離れたりするのは、正直興味がないですが、
米莱の髪形が途中で変わって、おでこのところで直線に髪の毛切り揃えてるのがどうも…。

佟大为(陆涛)と马伊琍(夏琳)は、続編《婚姻保卫战》でも夫婦で登場するのですが、
《奋斗》での関係の方が健全です。

猪头は、友情を大事にするといいながら、親友の华子のフィアンセを奪い結婚します。
华子が許してくれるまで帰らないと1週間もアパートに押し掛けたり、
华子が結婚式に来なければ結婚はなかったことにする、と宣言するなど、
中国人にはこういう「重义气」な男がもてるのでしょうが、
結婚を決めてから初めて华子に打ち明ける、というやり方は「重义气」なのでしょうか?

华子の相手役、露露は、まあ、猪头を選ぶそれなりの理由がある、とは思います。
しかし、そうは言っても恋愛は双方に責任のあるもので、
一方的に华子を悪者にする「いいわけ」には正直見苦しさを感じます。

华子は、31話まではこのドラマで最も恵まれない男です。
こいつこそ、いちばん「重义气」な奴だと思うのですが。
日本では、こいつの受けがいちばんいいのでは、と思います。

ところで、露露の弟は最後で耳が聞こえるようになるわけですが、
でも、中国語を聞いて理解できるのでしょうか…。ちょっとした疑問でした。

杨晓芸と向南は、いちばんお似合いだと思います。
向南は瑶瑶を選んだ時、杨晓芸が自分をおもちゃにしたとか、
もうお前なんか愛してないとか散々悪態をつきますが、
いやいや、お前だって子供ができたと知った時には責任放棄したじゃん、と突っ込みたい。
瑶瑶こそが本気で自分を思ってくれる、なんて偉そうに言ってるけど、
結局は実生活が始まる前の恋愛段階のことで、
結婚生活が始まってその感情が変わらないとは限らない、と突っ込みたい。

陆亚迅、徐志森とも最終回で「昇格」するわけですが、
これは納得のいく内容でした。
私は自分は「陆亚迅」的な人間でありたい、と願っています。

さて、私の“奋斗目标”ってなんだろう…。

タイトルの意味。
向南を演じた俳優(文章)が、《蜗居》の小贝だったとは…。
しかも、現実世界では马伊琍の旦那だったとは…。

■俳優・文章
XiangNanXiaoBei
2010.12.12 Sun l 生活 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。